2022,4,6十八禁ブログ

団体様、余裕が出てきた様で…

サカリ故に変質者行動をする子も現れて出しました

今回のキングオブ変質者はこの方ですw。しらすくん。

団体様、おそらく男の子はみんな手術未遂の様です。

私らよりおねー様、おにー様世代(要するにご年配の方)の飼い方に多く見られます。

未手術のしんどさを伝えようとすると、私の表現は卑猥なので直接言葉にする事はあまり有りませんが…ブログでたくさんの方に発情のストレスを真剣に考えて読んでもらえたら、と思い今回、変態達多数を管理してる事だし書く事にしました。

痛みとかじゃないので動物の代わりに伝えるのがとても難しい分野です。

性」

生物の中でも脳が発達しているはずの人間でも、満たされなければ理性を無くし犯罪行動にさえ走らせる障害を起こす3大欲求の一つ。

人間でもそうなのに…三大欲求を満たす為に生きていると言っても過言ではないシンプルな生き方の四肢動物に我慢させるのは、精神的虐待に等しいと私は考えます。

未だに自分の生活に支障がきたすまでは、避妊去勢をさせない派の人が老若男女問わずおられます。

現在進行形で飼育中の方やこれから飼おうと思われている方で手術をさせない考えを正当化しあまりにも目に余る現場に立ち会った場合に…

「あなた、20歳の子に性行為と自己処理を禁止しますか?性行為を禁じ、自己処理も全て奪われてもあなたはストレスなく生きれますか?人間の世界では風俗が無くなると犯罪が増えるとデータがあります。人間は手や道具があるにも関わらず。刑務所でもなんらかの形で性処理を行っていると聞きます。犯罪者であっても暗黙の了解の面で致し方ないと思います。食べる、寝ると並んで生き物に備わっている物ですから。動物はもっと過酷で手がありません。生殖対象は奪われてます。でも自己処理もできません。自由も比較的ありません。どう消化すれば良いのですか?」と、まさに卑猥な質問を私はしてしまいます。

野良は良いんです。本能に沿って交尾をする、それが本来の生き方ですから。(今回は恵まれない命に関しては別のお話です)

でも交尾ができない子に性をコントロールさせるなんていうのは、ちょっとあんまりちゃうかな?と。

私の考えがおかしいのかな?

「子供が産まれなきゃいい」=いや、そうは思えない。目の前の子の事を本気で考えてあげて。

「手術が可哀想」=どちらが可哀想なんでしょう?どちらにしても交尾を禁じた未手術は結果手術が待ってる可能性が高いですよ。しかも病気の苦しみプラスαで。

「自然に逆らっている」=自然じゃない生き方をするから発生する苦痛を取り除いてあげるのに自然という言葉は豪語道断!

「太る」=猫の未手術の病気と肥満の病気を比較したのだろうか?(犬の肥満と病気についてはまた、いつか。猫より肥満については重たい話題になりそうなので)

人間はそもそも繁殖機能が低下してますし繁殖期間のピークも動物に比べて短いです。

でも、猫なんかはご存知の通り、一回にたくさん産んで、年に何回も産んで、とにかく若いうちから歳まで繁殖の為に生きてる様な生態です。

メスは発情の波を数日おきに繰り返します。オスに至ってはずっと、です。

そんな、「とにかく数産め!」作戦で個体の生存率より確率に勝負を挑んだ生き物、猫。

自ずと脳から発信される性の欲求も強いのは安易に察しがつく。

私の勝手な思い込みかもしれないですがどの子も穏やかに暮らせる様に…

医学的にストップが掛かってしまう理由がある子以外のペットの避妊去勢率が100%になる事を願っております。

2022,3,18ビーチベッドと猫エイズ

プレイルーム(猫達の部屋)で私が寝れる様にビーチベッドを買いました。

粗相をされるのでツルツル素材で洗えて軽いのが良く、ボロボロにされるのでちょくちょく買い替えれて捨てやすいのが良いと辿り着いた結果です。

で、外国からの安い物を品揃えしているネットショップで購入したんですが…

イメージはこう。

届いた説明書

ふむふむ…風をめいいっぱい入れて一瞬で捻って絞る!

できるか!どあほ!

空気穴なし。左右筒抜け。

なんじゃこりゃ??

結局ニャンモック??みたいなのにして自分を慰めました。


エイズについてです。

前回、エイズ施設内感染があったと書きました。

もし、これから先、感染の数が多かったら…考え方も代わり体制を変更するかもしれないですが…

私はやっぱりエイズは移りにくい、発症しにくいを訴えかけて生きていきたいと思います。

雇われだった頃修行の身として私が経験した【エイズキャリア】と【FIPが1匹でも出た部屋】は暗く狭く汚い部屋に猫で鮨詰め状態でお見合い者さんの目にも止めてもらう事なく、ただ死を待つ生活をしているのを見たのが、今の私の考えの根源となります。

FIPだって、エイズだって、確率はあるけど虐待に匹敵する生活の一途を辿るほど絶望的な感染症なのか?(FIPはまた少し路線違うので、またいつか。)

100匹中、1匹を私のせいでエイズに感染させたとしても1匹でも2匹でもエイズの子が施設を出て行く事の方が私には重要に思う気持ちはやはり変わりません。

医療班から見れば私は最低です。

キチンとした愛護家から見れば私は逸脱者で消えてほしい存在に思われるかもしれないです。

それでもやっぱりエイズを推していきたいし、差別していきたくないと思います。

でも、やっぱりエイズはノーキャリアに比べると避けられがちなので…

まぁ、もう数年したら

エイズと白血病専門

になってもいいかもですね。

2022,1,31物資・人は何故ペットを飼う

ご報告が遅れてしまい大変申し訳ございません。

早速、「Amazon欲しいものリスト」を使って頂いてのご物資に感謝申し上げます!有難う御座います!

(欲しい物リストでない物も含まれているかもしれないです)

引き続きどうぞ宜しくお願い致します🤲

 
最近、鳥さんのシッティングしてます。

鳥さんの時は、「鳥の靴下」を履くという意味の分からないルールを自分に課している郷原です。

良く人に懐いてて凄い。

でも、知れば知る程に、やはり管理が難しい事を思い知ります。

飼うなら見ていて癒される水辺の生き物か鳥がいいなぁーって思っていましたが見事に打ち砕かれます。

人は何故、ペットを飼うのだろう?

私は動物の仕事をしていなかったらペットを飼うのだろうか??

動物に全く触れない日を送った時に「動物に触れたい」と強く思うのだろうか??

今宵、答えなど出ない事を考えてみた…

そんな中学生時代の様な創造性に打ちひしがれる郷原でした。

This is my life2021,6,25

3/27

遊び場に困ると嘆いていた前回。

田舎の我が家は、街の方のご家庭よりは広めに使える敷地があるので少しマシかもです。

中古で買ったバイク。サイズ合わずで改造車風。

晩はシッティングに入りました(^^)

上限シッターのお宅様には申し訳ないですが…単発のお宅様より時間帯を幅広にさせて頂いているのでその範囲内での遅めの時間になる事も…

「待ってましたよ」の圧が凄いw

食卓スペースはギュウギュウ詰め(笑)

でも、これくらい求められると【行ってる甲斐】がありますねぇー!!

施設では、あんだけ凶暴だったカオルちゃんが弱った事により、触る事が出来るまでに。

腎臓が悪い様です。

腎臓=猫の寿命といっても良いくらい、切っても切れない関係です。

諦めはしませんが、彼女がどれだけ穏やかに過ごせるのか…。

私の観点ではそれが1番重要としています。

ペットの飼い主さんが積極的治療を行う事には否定的な感情は持ちませんが…(持たない様になりましたが)、特にカオルちゃんの様に猫と人の線引きが身についた野良っ気のある子は、どこまでするのが本猫の為なんでしょう?

一見にはネグレクトと取られがちな愛情。

動物業界は深みに入れば入る程、分からなくなる世界ですね。

ほいでは👋

3/27

ニャン太里親様募集2020.10

本日、「仏の猫」ニャンタの里親様募集記事を書かせて頂きます!

見た目はヤサグレ野郎(笑)

目の座りっぷりが半端ない!!!

体格も半端ない!!!

アニキ感、半端ない!

貫禄の塊の猫、ヤサグレニャンタ。

しかし、その真髄は…

仏の様に微動だにしない広大な優しい心と共に持ち合わせたカタツムリの様なスローリーな動き。

罪なくらいのギャップが、キュ、キュンキュン!!!…(^◇^;)

ヨッ!おやっさん!

心は全くもって乙女でして…お姫様の様に「抱っこ抱っこ」とせがんできます。

猫も100匹100通りですが…普通、施設では…

「凶暴」→「穏やか」になっていくのが、みんな共通の通り道。

しかし…ニャンタは…

↓入設日からこんな感じで…(笑)

デデン!

悟りの境地?!神々しささえ感じる眩しいくらいの落ち着きっぷりと貫禄。

こんな子、数年に1匹いるかいないか…の肝っ玉です。

なので、今回、こんなおやっさん系の子がドストライクな方はもちろんの事、年配者様、ペットを初めて飼う方、家族の中に動物に苦手意識が有るご家庭でも、窓口を大きく開けて募集致します!

「猫に挑みたいけど、悩んで足踏みを暫く続けてる…」という方…これがニャンダーチャンス!ジャストミート!

「はじめまして」の方にも自撮りの協力をしているニャンタ。目は座ってますが平常心…というかこう見えて喜んでます。誰にどのタイミングで持ち上げられてもこんな感じ(笑)猫は人間側の勝手な意思で抱き上げようものならお怒りになられる生き物…のはずなんですが…ニャンタは猫じゃないかもしれない…。

トライアルして後々に「これは猫じゃない!」のクレームは受付けません(笑)

トトロ系に属する生き物かもしれません(笑)もしかしたら猫の着ぐるみを着た、ちっさいおっちゃんの妖精が入っているかもしれません(笑)

隔離期間を経て、デビュー時の動き…見て下さい(笑)

キョロキョロ。

左見て

右見て…

左見る…

猫とは思えない…動きと冷静さ…( ´ ▽ ` )

そして…暫く自分の状況を考える…姿。トトロ越えて人かよ(笑)(着ぐるみおっちゃん疑惑深まる…)

気づけばいつもお膝元にいるニャンタ。

隙あらば膝に乗るニャンタ。

用事があるから退いてって言われても退きませんよ…

こんな濃厚接触好きなニャンはなかなかおりません!

動画では甘えた実証が映像にて更に成されております。

ちなみに一度、トライアルに行った事があります。

先住猫ちゃんが割と繊細な子で、ニャンタの貫禄と漢っぽさ(敢えて男ではなく漢)に耐えかねてしまい、トライアル中断となってしまったのですが…

その時のトライアルしたての家庭での写真がこちら!!!

あかんあかん(笑)実家帰省中のバカ息子感半端ないですから!(笑)

まぁ、私の例えはどうであれ、こんなにも順応性が高い猫ちゃんなんです!

トライアルされた里親様も本当に悔しそうで、泣く泣くのお返しでした。本当に本当に悔しそうでした(^◇^;)

ドスコイ系、オットリ系、ズングリムックリ系は意外とかなりの数でファン多しです。お探しの方、是非是非ニャンタには要注目ですよ!2020年ももう少しで終わりますが…こんなドスコイオットリはニャンタのみで始まり…ニャンタのみで終わりそうです。

ズングリの秘訣はこの太い首や手足?!こればかりは細胞にて生まれ持ったフォルム。真似しようたって真似できません!(シュッとして見えますが…写真が綺麗なのでこちらを採用)

写真の時、必ず甘えモードになり、甘えモードになると目が座ってしまうので…ドスコイ系ばかりのお写真ですが…

実はこんな乙女な上目遣いも得意なのよ!こればかりは実物でお確かめ下さい!

年齢は正直不明です。貫禄やガタイ、毛艶、歯の具合などから3〜6歳くらいではないか??と。

エイズは陽性です。エイズについては平和な日常を送らせてあげれば移す事も非常に低く(てか、家庭や施設で移した事例は見たことがありません)、本猫自体も殆どの猫ちゃんが発症なくノーキャリアの子と同じように特に問題なく過ごせます。

動画でご紹介もしております。

相当な理由が無い限り、どんなご家庭にも絶対大丈夫!なニャンタ、お勧め致します!

遊びにはさほど興味を示さない子です。でも、信じられないくらい大人しいです。そして、常にお足元に座っています。そしてそして人が腰掛けをしたら隙あらば直ぐ様人の足に乗ってお餅の様に張り付いております。お子さん達がやりがちな縦抱きで下半身プラプラにさせられたりしても全く抵抗しない温厚さ。

威勢の良い雄猫が「お!強そうやな!喧嘩でもしようや!」とチンピラ並に吹っかけてきても微動だにせず見つめ返す(睨んでいるように見えますが)ニャンタ。

「かかってこれるものならかかっておいで。俺は喧嘩みたいなチンケな事はするつもりないけどね…」と目だけで相手を萎えさせる貫禄と悟りの持ち主。や○ざさんの世界から足を洗った神主の様な偉大なるニャンタ。

是非ご検討下さいませ♪

お問い合わせお気軽に!

電話 090-7134-1449

(可能であればお電話は12〜15時の間にしていただけると活動に支障がなく助かります。メールやLINE、メッセージは24時間受付OKです)

メール grabeau_heart@me.com

LINE hiromigoubara


お見合いについてお見合いの場提供費用として施設入室費用500/1人様の募金型とさせて頂いております。またお見合いの日程は必ずご予約をお願い致します。詳しい詳細はお気軽にお問い合わせください。


健康状態・過去病歴

*ノミダニ駆除、エイズ陽性・白血病検査済陰性、検便済み、去勢手術済み、虫下済み、5種ワクチン済み


里親希望者さまへ。ニャンタを含めたくさんの犬猫たちが、卒業猫の里親様の募金や日頃から応援してくださっているみなさまからのご厚意で今の生活を送らせて頂いております。過去の里親さまのお陰でニャンタ達は今の生活を送っています。ニャンタの後輩になる子達へ次のバトンを託す為幸せの連鎖を引き継いでいただくようご協力をお願い致します。

サポーター会員様募集しております!会員さんはグラビューハートのお仲間特典が盛りだくさんです!従来の愛護団体の会員から「より楽しくて、より親密で、より活動に携わりを感じてもらえる充実感のある会員制度」を目指しています。 

This is my life2020,10,15ペットシッターが新しくなりました

こんにちは。

もうご存知の方も多いと思いますが、ペットシッターグラビューハートが改名し…

新生、「ペットシッター紬」

になりました!

お客さんに直接関わるシステムやサービスやスタッフの変更は特に有りません(^^)

そんな訳で、ペットシッターの方はノリに乗っていて以前に比べSNSが盛んになってます。

やっぱり、新鮮って良いっすよね。

わたしゃ、もう使い古しの雑巾でございます。

新たにInstagram・Facebook・Twitter・Googleビジネス・LINEオフィシャルアカウントにサクサク更新してて、ホームページのシッターブログもよく更新されてます。

検索の仕方が分からないという方はそれぞれホームページに各SNSが載ってますのでホームページから飛んでみて下さい。

ホームページはこちら↓

トップ

ブログ以外は全て同じ投稿なのでそれぞれ普段使いのSNSから是非見てやってください(^^)でも、フォローは出来れば全部宜しくです。あはは(笑)

後、ブログだけは内容違いますので是非ブログは定期的にホームページ踏んで見てあげて下さい!

情報発信が多様化する中、ブログの記事はやっぱりシッター士の思いとかがしっかり書けれるので、どんなに時代が変化しようとも…やっぱりブログがわたしゃ、好きです。

私はほぼOBみたいな、というか寧ろ下っ端の存在ですが、たまーにシッター入らせてもろうてるので、なるべくシッターのブログにも参加する様に頑張ります。

こっちのブログでも、この頻度なのでかなり幻になるとは思いますが(笑)

応援団、社長。

今後の紬に幸あれ…