2024,4クマ里親募集記事

本日は久しぶりに犬の投稿

『クマ』の里親様募集記事を書かせて頂きます!

みなさんにびっくりされますけど…12歳位です。

ハッキリ言って信じられないー!

見た目もさる事ながら、普段の動きや健康診断上、5歳くらいじゃないのん??と。

性格はTHE柴犬です。付け加えるなら根明の柴犬です!

犬スタッフには天使な存在👼

しかし、クマは噛み犬として来ました。

グラビュに来てからスタッフも2名噛まれていますし、一般人も1名噛まれた事があります。

ただ!

クマにもその都度クマなりに理由があっての事なので、それが理解できる方なら…

絶対にクマとの生活は成立できると思うんです!

柴犬愛好家さんなら重々ご存知だと思いますが、好奇心が旺盛で忠実心があり、見慣れない人には警戒心が強く、縄張りを守ろうとする正義感が根付いていて、またその表情からは感情が読みにくい所があるのがザッとした性質だと思うのです。

まさにクマはそれに該当しています。

しかし、最近ペットの人間化に伴い、ただの普通な柴犬のクマに噛み犬のレッテルが貼られている事に、なんとも言えない気持ちを持つスタッフ一同なのです😭

私が小中学生の時には、クマの様な犬がゴロゴロいた。というのを記憶します。(←「私」は何歳やねん!という疑問はやめて(笑))

そこで…私が勝手に思うクマの取説発表会〜!パチパチ👏👏👏

❶「外飼いでええねん」

愛護の世界では、「室内飼い」の条件が当たり前で、室内飼いしないと里親として審査落ちなんてザラにありますが…私は全然思いません!外犬は外犬でいいっすよ。クマに関しては尚更。そうやって今までも生きて来ましたから。

ちなみに施設では…↓

犬舎という倉庫的な所で過ごしてもらってます。が、ほぼ外にいますけどね🤭小さい犬小屋は入らないです。流石に雨風と寒さ暑さは凌げる環境にはして頂きたいですが、外飼いで🆗!

❷「訪問者が来るとワクワクして喜んでるまうけど、触られたら慣れ慣れくしせんといて、って思ってまうねん」

犬を下に見ずに尊重してくださる愛犬家さんなら「そりゃそうだわ!」って話なんですが…そうじゃない社会化が、犬本来の血が流れている犬達の社会性を狭めております( ;∀;)

ただ、クマは嬉しそうっていうのが難点な所。

決して通行人が手に届く範疇には繋いではいけない犬さんでございます。

それは、「クマが噛みにいくのではなく人間が境界線に入るから」という意味でです。

❸「俺から寄るのは良いけど、ずっと触られたらイラって来るねん。先ずは1秒触って離してまた触ってを繰り返してくれへんか??やっぱ家族でもそういうのってあるやん?」

そーゆー事ですね。いきなりベタ触りはNGですし、懐いてくれた!って思ってもクマのNGポイントを理解して頂いて、ボディコミュニケーションをお願い致します。

ちなみに お家の時のクマはご主人さんにだけは全く噛んだ事なし。でも、ご主人さんが病を患い一緒に散歩ができなくなり、それまでずっと一緒に暮らしていた家族さんがお世話に入るとたまに噛んでいたそうです。

まさに、【忠誠心を1人だけに向ける】を貫く族種ですね。

私は聞いた事あるんですが…「柴犬は飼い主さんが変わって、新しいご主人をその場のリーダーとして認めたとしても、生まれてから一番最初にご主人と認識した前の飼い主さんがその子の中で一生涯リーダーとして認識していて、何度飼い主が変わっても揺るぎなく変わらない」そうです。

私はそれを鳥や恐竜の摺り込みに似ているな、と思っています。

愛情で変えて見せる、という愛情よりも、犬の本能を受け入れる、という一見クールに見えて、本当は深い受け身の愛情を持っている方にクマの良き理解者になってもらえるのでは?!と思っております。

年配の方とも好相性だと思います!犬と人の生活は別という考え方はクマにしっくり来ると思います!

お散歩が大好きなクマなのでその点でも健康の日課としてお散歩しているお父さん、お母さんいらっしゃったら是非お勧め!

ちゃーんと、指示も聞きますし、急に引っ張ったりもしない賢い子です。

ちなみに私は夏は自転車で爆走散歩してますが💦冬は徒歩です。そこら辺もしっかり合わせてくれています。

❹犬には喧嘩売りです。(先輩だと思ってるからかな?)

基本的に静かなクマですが…他の犬に好きなスタッフが散歩やら何かをしていると、柴犬独特のあの甲高い声で吠えます!

一頭飼いの方がうるさくなくて良いかな?!

❺車は乗れるタイプです!

❻サロン、病院、預け先では意外に冷静?!(一枚目、初サロンで人間がびびってて念には念を😅)

以上がクマの取説になります!

健康診断では高齢犬のサイン無しで、まだまだ元気に過ごす予定です。心臓もピンピンしてます!長生きしますよ、きっと!

有効的だけど、きちんと犬との緊張感を保てる家族様、是非ご応募お待ちしております!

……………………………

フィラリアマイナス

オス、去勢済み

血統書無し

天使のクマへの秘話動画↓

2023,12,26近未来食

とうとう犬にも来たんやね…

虫の時代がっ!

知り合って10年のTさんは情報収集能力が半端ないっ!

で、Tさんから送られて来ました!

犬の昆虫食が!

流石にグレインフリーにはならへんか…

虫は良いよね!

動物愛護、地球愛護の観点として。

とか、思いながらキンティとクリスマスケーキを食べて過ごした郷原でした。

クリスマスは他にも、たんまりあったフリーズドライのフードが水に戻す事が可能と知り、煮てみました。

昆虫食の一個前の近未来食はフリーズドライ(と、思ってる)

でも、そのままでは食いつきは良くなかったので溜まっていましたが、水に戻したら食いつき良かったです!

それが犬猫達のクリスマスディナーとなりました。

〈昆虫食〜ササミと肝のフリーズドライとニボシ出汁添え〜ジャーキートッピング,Xmas version〉

ど田舎の古民家で最先端の食事を食べる犬猫(笑)

2022,8,10クラファンがいよいよ…

ご物資ありがとうございます!

お盆前後はブログが進まずでした!すいません!(←誰に向けての謝罪?数は少ないと思いますが、更新チェックをしてくれてる人々に!)

殺人的お盆を越えた後、盆明けからクラファンの文章一部作成に取り掛かりました。

申請自体はゆず氏担当です。大元を作るのがトップオブ雑、郷原担当!

ブログ見てる方の中には「なぜグラビュがクラファン?最近医療費で騒いでた事??」という疑問がお有りの方々も沢山おられると思いますので、下書きをブログ限定でフライング公開( ̄∀ ̄)

ほぼ愚痴で、きっと公に出ないやつ(笑)


にならない為に登録をして下さい


えぇ!工事始まってんの?!そうなんす。

すいません、ブログ毎日更新出るようになりたいのですがっっっ…( ; ; )(←誰に謝ってるのか…)

猫達はひとまず家具と共に仮設住宅に過ごしております。

投薬、普段からしんどい奴らなのに…マジ無理ー( ;∀;)


グラビュはSNSに力を入れてない団体で…

クラファン底力がとんでもなく無い団体です( ̄∀ ̄)

規模に伴う人力と発信力の無さょ、、、

SNSお得意の皆様、どうか呼びかけのご協力お願いします!

2022,6,6緊張の4泊5日

設備が整ってないクセに…

【ホテルからお断りされる子だけ】の預かりをしているグラビュー。

気合いだけでやってます。

その名も

ペットのお宿

↑ひっそりとやり過ぎw

ホテルでお断りされるって言う事は…それなりに何かしら問題があるということなので、それはそれは毎回、気合いです( ̄▽ ̄;)

自分の経験だけを頼りに…。

そんなグラビュのお宿に彷徨えるお客様がお越しに〜

ありゃま(笑)🤣


自分で尻尾噛みちぎっちゃう位の自虐行為をしてしまう精神不安がお有りらしいです。

なかなかの案件!

でも、それを聞いたのは後にも先にも引けないお預かりの時!

元々事前には、宿のご相談を受ける場合「ウチではペットシッターを推奨してまして…お預けなら、普通のホテルを使われた方が良いですよ、ウチは事情がないと預からないんです」と言っていつもお断りを一旦かますのがお宿スタイルなんですが…飼い主さんはと言いますと…理由は特に仰られず、ひたすら「貴社さまにお願いしたいです」を貫かれ…

「ご新規さんなのにウチへのご依頼の固い御意志があるのはなぜ…??」と漠然とした疑問を抱えておりましたが…

こういう事だったのね!(笑)

きっと前もって不安内容を全て伝えてしまいウチに断られてしまっては【預ける場所が無し】になってしまうからだったのでしょう!

実際に既にもう他からは断られてしまっておられる状態だったそうで、お迎え時には「また預かってもらえますか??やっぱり無理ですか??」と念押しされておられましたw


自虐行為は今回お宿ではなかったですがだいぶん緊張はしていらっしゃいました。

パニックタイムに入ると、虐待を受けているかの様な叫び吠えがひたすら続いていました。

それはそれは異様な音です。犬同士が止める事もできない喧嘩をしている時の吠え…というか絶叫…でも1匹だけの声っていうのが不思議な感覚でした(^◇^;)なかなか聞けないと思います、犬1匹の妄想喧嘩声w

が、3日目位には少し落ち着いていらっしゃいました(^^)

尻尾を噛みちぎってしまう位の事をしてしまうのは獣医師さん曰く、知的障害の分類に値するそうです。

でも、パニックさえ出なければ、この子は良い子です。

しかし一歩間違えば、かなりの大事件になりかねないのは、飼い主さんの手の古傷が物語っていました。

どんな理由でどういう流れで飼い主さんの事噛んでしまったんだろう??知的障害を言われてしまったら理由なんか追求する方が間違っているか…。

兎にも角にもウチが彼にとっての第二の家になる様に頑張ろう!安心して過ごせれればきっと何も危害を加えてはこない!はず?

叉、引き続きペットシッターの方がストレスなく過ごせる事を発信していきたいと思います!

レベル低いくせに難に向かっていく自分が怖い…